軽!ジャーナル

軽自動車の人気ランキングや中古車情報満載

雪の日にワイパーを立てるのはなぜ?ちゃんと意味がありました

雪の日にワイパーを立てている車

画像の出典: gazoo.com

54年ぶりに11月に東京で雪が降りました。東京都心で積雪を記録したのは気象観測を始めた1875年以来初めてだそうです。

さて、雪の日に駐車しているクルマがいっせいにワイパーを立ている光景を見かけたことはないでしょうか?ちょっと不思議な光景ですよね。

雪の日にワイパーを立てるのはなぜなのでしょう?どんな意味があるか調べてみました。
 

雪の日にワイパーを立てるのには意味があった!

国土交通省 東北地方整備局 郡山国道事務所のホームページに「雪みちドライブ講座」に答えがありました。

ワイパーを寝かせたままにすると、フロントガラスに凍り付いたり、雪の重みで曲がることがあります。また、故障の原因になりかねないので、ワイパースイッチを切り忘れは絶対しないようにして下さい。

出典: 雪みちドライブ講座

  • 雪の重みによりワイパーが曲がる・破損するのをを防ぐ
  • 凍結によりフロントガラスにワイパーがくっつくのを防ぐ

(もちろんですが)ちゃんと意味があったのですね。ワイパーやガラスを長持ちさせることができるので、雪が降りそうな日はあらかじめワイパーを立てておくと良いでしょう。

-運転が上手くなる方法

[×]閉じる
[×]閉じる