軽!ジャーナル

軽自動車の人気ランキングや中古車情報満載

軽自動車選び

AIRBUGGY(エアバギー)を乗せたい!トランクの広い軽自動車は?

大人気のベビーカーAIRBUGGY(エアバギー)。AIRBUGGY(エアバギー)は、ベビーカーもひとつの「クルマ」と考えて作られました。クルマと同じように「乗り心地」、「走りやすさ」、「安全性」の3つを徹底追求しており、次のような特徴をもつベビーカーです。

  • クルマや自転車のように空気が入ったタイヤのため片手でも押せるほど軽快な乗り心地
  • 3輪のため進みたい方向に進み、狭いお店でもくるっと回るとても優れた操作性
  • 3角構造のがっしりとしたフレームでのため、長く使っても「きしみ」や「あそび」のない耐久性
  • 安全運転のためにブレーキを搭載

リアシートに積むのは難しい大きさ

エアバギーは軽量・コンパクトを追求したベビーカーではありません。国内メーカーの中では比較的大型のベビーカーといえます。モデルによる寸法差はありますが、例えばエアバギーCOCO BRAKE (エアバギーココブレーキ)の寸法は次のようになっています。

起立時:幅53.5cm 全長96cm 高さ104.5cm
折畳時:幅53.5cm 奥行40cm 高さ82cm

起立のまま軽自動車のリアシートに入れるのは難しく、折り畳んだ状態でもそれなりにスペースをとります。快適なドライブを楽しむには折り畳んでトランクに入れたいところです。

重さもそれなりにあり、エアバギーCOCO BRAKE (エアバギーココブレーキ)の重さは9.5kg。Combi(コンビ)の軽量ベビーカー・メチャカルハンディが4.7kgなので、およそ2台分の重さとなっています。

detail

出典: www.airbuggy.com

どんな軽自動車を選べば良い?

では、エアバギーをトランクに積んで運ぶにはどのような軽自動車を選べばよいでしょうか。エアバギーをトランクに乗せられる軽自動車選びのポイントは3点。

  1. リアシート(後部座席)がスライド可
  2. 荷室が高いまたはアンダーボックスがあること
  3. 荷室フロア高が低く、積み降ろしが楽なこと

リアシート(後部座席)がスライド可

軽自動車のトランクは奥行きが限られています。リアシートがスライドできないと、折りたたんだ状態でもトランクに収まりません。トランクのドアが閉じれなくなるか、閉じれても無理矢理しめることになる車種が大半です。必ずスライドリアシートの車種・モデルにしましょう。

荷室が高いまたはアンダーボックスがあること

幅53.5cm高さ82cmのAirBuggy COCO BRAKE (エアバギーココブレーキ)を縦積みすると、室内高さの低い軽自動車では後部の視界が見事にさえぎられ、運転の妨げになってしまいます。荷室が高さを売りにしている車種、または、アンダーボックスのある車種を選ぶのが安全です。

エアバギーをトランクに積める人気の軽自動車

販売台数ランキングで上位の人気軽自動車からエアバギーの持ち運びに便利な車種をピックアップしました。
※モデル、グレード、特別仕様車、モデルチェンジ等により仕様が異なることがあります。最新データ・詳細データは公式サイトや販売店でご確認ください。

ホンダ N-BOX

荷室の高さが1,230mmと軽自動車最長クラス。縦積みしても後ろの見通しをさまたげることがありません。54.5cm低床で積み降ろしが楽なのも見逃せないポイント。赤ちゃんや小さな子供を持つファミリーに適した軽自動車として大人気なのも納得です。
http://www.honda.co.jp/Nbox/

ダイハツ ウェイク

荷室高1,140mmのトランクに加えて320mmのアンダートランクがあり、大きくて長い荷物もスッキリ収まる抜群の積載力が魅力。自転車(ロードバイク)もラクラク搭載でき、積載力を求めるならぜひ検討したいクルマといえます。荷室フロア高は595mmで、まずまずといったところ。
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/

スズキ スペーシア

大きな荷物もたっぷり積め、積み降ろしが楽なクルマ。荷室高1,100mmで十分な高さをしっかり確保。加えて荷室フロア高が535mmと低床なのがママには嬉しいところ。
http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

ダイハツ タント

軽自動車の新車販売台数でホンダN-BOXと毎月No.1を繰り広げているタント。荷室高1,045mm、荷室フロア高は595mmと必要十分なトランクをもっています。メーカー公式ページでA型ベビーカーを後部座席にそのまま載せられることをPRしているように、子持ちファミリー軽自動車としては王道車種といったところでしょう。
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

日産 デイズルークス

スライドリアシート、荷室高1,080mm、荷室フロア高が600mmと3つの条件をそつなくクリアしています。
http://www2.nissan.co.jp/DAYZROOX/

ホンダ N-WGN(エヌワゴン)

N-BOXの人気に隠れがちですが、N-WGN(エヌワゴン)もベビーカーの収納力が高いトランクを持っています。スライドリアシートと荷室アンダーボックスの両方があり、公式ページでアンダーボックスにAirBuggy COCO BRAKE (エアバギーココブレーキ)が縦置きできることがPRされています。

クルマの後ろに燃料タンクがないからこそできた、底の深い大きな床下収納。床板をはね上げれば、後席を一番後ろに下げた状態で、A型ベビーカーでも縦に、しかも後ろの見通しをさまたげずに積めます。

出典: http://www.honda.co.jp/N-WGN/webcatalog/interior/?from=N-WGN_header

 

-軽自動車選び

[×]閉じる
[×]閉じる